2010年8月31日

宇部市制90周年、「チョーコクン」がPR

kinennrogo.jpg choukokunn.jpg 宇部市制施行90周年記念事業委員会(光井一彦会長、20人)は31日、地域活力や魅力の創出につながる記念事業をまとめ、久保田后子市長に答申した。イメージキャラクター「チョーコクン」とロゴマークも選定し、新しい宇部の〝顔〟としての積極的な活用を求めている。

 続きを読む…

宇部商工会議所の光井会頭退任へ

 宇部商工会議所の光井一彦会頭(69)=宇部マテリアルズ顧問=は30日、同会議所で開いた正・副会頭会議と常議員会で退任の意向を表明した。任期は10月末までで、後任には、千葉泰久さん(66)=宇部興産相談役=の就任が予定されている。会頭をはじめとする役員人事は、10月26日に開く臨時議員総会に諮る。

 続きを読む…

山陽小野田市が男女共同参画市民アンケート

 山陽小野田市は20歳以上の市民1,000人を対象に、男女共同参画に関するアンケートを実施している。「男女の地位が平等であるか」や配偶者からの暴力(DV=ドメスティック・バイオレンス)の実態について聞いている。

 続きを読む…

2010年8月30日

職員、市民が「市役所ダイエット作戦」議論

siyakushonominaosi.jpg 宇部市の業務改善提案発表大会「市民と考える市役所ダイエット作戦」は29日、文化会館で開かれた。広報うべの発行回数の見直しや市営バスの利用促進、ごみ収集体制の合理化など11事業の改善策について、発表した担当課と仕事見直しサポーターの議論が公開され、来場した市民も財源の創出や効率的な行政運営について考えた。

 続きを読む…

NPO法人ときわが便利屋事業を開始

bennriya.jpg 障害者の社会復帰を支援するNPO法人ときわ(藤井悌一理事長)が、9月1日から高齢者方を訪問して洗濯機やエアコンの清掃などを行う便利屋事業を開始する。県中小企業診断協会(山口市)の便利屋サービス定着支援事業を活用し、利用者と職員10人が技術を習得した。藤井理事長は「高齢者は望むが、介護保険が適用されないサービスに着目した。良心的な価格と丁寧な作業、仕上がりを心掛けて、工賃アップにつなげたい」と抱負を語る。

 続きを読む…

山陽小野田市消防操法大会、13分団が訓練の成果競う

onodashoubou.jpg 山陽小野田市消防操法大会は29日、市消防本部グラウンドで開かれた。応急操法のポンプ車、小型ポンプの2部門に13消防分団が出場し、正確で迅速な消防技術を競った。それぞれの部で優勝した埴生分団、出合分団は、9月18日に県消防学校で開かれる県大会に出場する。

 続きを読む…

2010年8月28日

全国最悪の学校耐震化、2012年度中に80%達成を掲げる

 山口県が全国ワーストワンとなった公立小・中学校施設の耐震化促進を図るため、県教育委員会は27日、県内市町の担当課長らを対象とした会議を県庁で開き、今年4月1日の時点で53.0%だった耐震化率の数値目標を「2012年度末までに80%」とし、具体的な取り組みとして「11年度前半までに2次診断の完全実施」「12、12年度で著しく耐震性の低い施設の耐震化完了」を求めた。

 続きを読む…

山口県、局地的な集中豪雨に対策委設置

 2年連続で豪雨災害が発生したことを受けて、県は27日、河川、ダム、気象、防災の専門家6人で構成する「局地的な集中豪雨に対応した治水対策検討委員会」を設置した。

 続きを読む…

女子野球W杯優勝の磯崎由加里選手が報告

久保田市長と握手する磯崎選手(市役所で) 桃山中出身で尚美学園大(埼玉県)の女子硬式野球部で活躍する磯崎由加里選手(19)が、日本代表として出場した第4回女子野球ワールドカップ(W杯)で優勝した。投手として初戦、決勝など3試合に先発し、優勝に大きく貢献。帰郷後、27日には市役所を訪れ、久保田后子市長に優勝を報告した。

 続きを読む…

宇部市子ども会の千人騎馬戦がソニーのTVCMに

 宇部市子ども会育成連絡協議会(松橋美恵子会長)がこのほど開いた創立50周年記念特別事業「千人騎馬戦」の模様が、ソニーのデジタルビデオカメラの新CMとして、28日からテレビ放映されている。

 続きを読む…

延べ1700人が参加『日本一チャレンジサッカー』

大人をかわしシュートを放ってゴール!(県立おのだサッカー交流公園で) おいでませ山口国体・山口大会開催記念「日本一チャレンジサッカー大会」は、27日午後3時から県立おのだサッカー交流公園で開かれ、山陽小野田市在住、在勤、在学の延べ1700人が参加し、28日午後6時まで、26時間プレーを続けている。日本一チャレンジ実行委員会(井上洋希会長)主催。

 続きを読む…

2010年8月27日

宇部でも148歳の男性、戸籍上の生存者は120歳以上が126人

 全国で相次ぐ高齢者の所在不明問題を受けて、宇部市が100歳以上の高齢者について調べたところ、戸籍上は生存しているが、住民登録されていない人が393人いることが分かった。最高齢は江戸末期の1862年4月21日生まれの男性で、存命であれば148歳。

 続きを読む…

被災者から生の声続々、山陽小野田市の7月水害

数多くの課題が指摘された市議会主催の被災地区別懇談会(川上会館で) 山陽小野田市議会の豪雨災害対策調査特別委員会が主催する被災地区別懇談会が市内各所で開かれている。ボランティアの活躍に感謝する声が聞かれる一方で、地域によっては避難勧告・指示や被災後の弁当配布などの情報提供が不徹底なところがあったとの指摘も。「死傷者がなかった」と手放しで喜ぶことはできず、多くの課題が浮き彫りになっている。

 続きを読む…

民間経験者は32倍、宇部市の来年度職員採用試験の応募状況

 宇部市は27日、職員採用試験の申込状況をまとめた。民間経験者を対象にした上級の行政職は、採用予定人員2人に対して64人(女性15人)が申し込み、競争倍率は32.0倍、新しく募集する獣医師は1人に対して4人(同3人)で4.0倍となった。

 続きを読む…

2010年8月26日

「はやぶさ」にも使われた宇部興産の熱制御フィルム

金色の部分が宇部興産の宇宙用熱制御材料で作ったサーマルブランケット(JAXA提供) 2003年に打ち上げられ、6月に地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。温度変化が激しい宇宙環境で、探査機を守る役割を果たしたのは、宇部興産(竹下道夫社長)が開発した宇宙用熱制御フィルムだ。

 続きを読む…

来春の高卒求人、さらに厳しく

 厚生労働省山口労働局は25日、7月末現在の来春高卒者求人・求職状況をまとめた。求人倍率は1.16倍で前年同期を0.19ポイント下回った。県内就職に限ると前年同期と同じ0.69倍で、厳しさが続いている。

 続きを読む…

常盤中柔道部が全国大会8位の健闘

全国8強となった常盤中柔道部の選手 第41回全国中学校柔道大会は19日から22日まで、島根県松江市であり、男子団体戦で常盤がチームの目標だった8強入りを果たした。

 続きを読む…

巨大トレーラーにセメントタンカー! 親子で産業観光

セメントタンカーの操舵室を見学する親子(宇部興産海運の中春丸で) 宇部観光コンベンション協会(伊藤隆司会長)主催の産業観光夏休み親子体験バスツアーが25日にあり、40組80人が巨大トレーラーに乗ったり、セメントタンカーを見学したりと、普段は入れない工場や施設を巡った。

 続きを読む…

全国優勝の宇部商男子バレー部、9月11、23日に祝賀会

 全国高校総体で優勝した宇部商高男子バレーボール部の優勝祝勝会は、9月11日午後6時から宇部全日空ホテルで開かれる。市バレーボール協会と同部OB会が中心に開催するもので、23日正午からは同ホテルで実行委員会による優勝記念祝賀会も行われる。

 続きを読む…

2010年8月25日

宇部市の中学生、豪州から帰国報告

ニ市での様子を発表する生徒たち(文化会館で) 夏休みを利用して姉妹都市の豪州ニューカッスル市を訪れた宇部市内の中学生8人の帰国報告会は24日、文化会館で開かれた。生徒たちは現地での研修、人々との交流を踏まえ「自分の視野、考え方を広げたい」「もっと英語を学んでコミュニケーションを深めたい」など、自分の思いを語り、成長ぶりをうかがわせた。

 続きを読む…

モートンベイ市派遣の中学生が帰国報告

帰国報告をする小坂君(市役所で) 山陽小野田市中学生海外派遣事業帰国報告会は24日、市役所で開かれた。派遣された中学生6人と引率の市職員と白井博文市長、市内の6中学校長らが出席。7月28日から2週間滞在した、オーストラリアのモートンベイ市でのホールステイ中の体験を報告した。

 続きを読む…

2012年、山大と鹿大が共同で獣医学科設置へ

 山口大は鹿児島大(鹿児島市)と共同で2012年4月、獣医学科を設置する。伴侶動物や感染症分野で強みを持つ山大と、畜産業に立地する鹿大が補完し合い、スケールメリットを生かした獣医師の養成を目指す。

 続きを読む…

山陽小野田で映画祭、収益は災害義援金に

児童文学の名作のPRチラシ 山陽小野田シネマクラブ、文化庁など主催の第4回優秀映画祭は、9月4日に市民館、5日に市文化会館で開かれる。収益金は7月15日に山陽地区を襲った豪雨災害義援金に寄付される。

 続きを読む…

2010年8月24日

もったいない...2006年以降の利用実績なし

 宝の持ち腐れ状態となっている多目的モニュメント(真締川公園で) 真締川公園に設置されている一対の多目的モニュメント。横断幕などを掲出できる機能を備えたものだが、近年はまったく利用がない。地元からは「せっかくの市民の共有財産。もっと活用を」との声が挙がっている。

 続きを読む…

宇部元気ブランド、「エイの竜田揚げ」など17製品が第1次認証

 宇部市は、うべ元気ブランド育成事業に基づく、第1回認証候補製品として9事業者17製品を選定した。「エイの竜田揚げ」「なすコロッケ」「鱧(はも)押し寿司(ずし)」など、地元で取れた農水産物を活用し、農商工連携で製品化された加工品。9月に認証授与式を行い、製品を披露する。

 続きを読む…

JR美祢線復活へ、利用促進のアイデアを話し合う

アイデアを出し合う市職員(市役所で) JR美祢線利用促進検討プロジェクトチーム(チームリーダー=山縣始副市長)の会議は23日、市役所であり、美祢線の利用促進について庁内の意見を出し合った。今後、市民からの提言とも合わせて集約し、沿線3市で立ち上げる予定の促進協議会に意見提出する。

 続きを読む…

2010年8月23日

常盤公園で動物粘土コンクール表彰式

表彰を受ける市教育長賞の三隅颯汰ちゃん(常盤公園レストハウスで) 第44回動物ねんど作品コンクール(宇部市常盤遊園協会主催)の表彰式は22日、常盤公園のレストハウスであり、小学3・4年生の部の最高賞・宇部市長賞に輝いた斎藤柊君(厚南3年)ら入賞者35人に賞状や記念品が贈られた。

 続きを読む…

船木地区で400人参加して防災訓練

AEDを体験する参加者(船木小体育館で) 宇部市総合防災訓練は22日、船木校区を対象に船木小と楠中で、住民や関係機関から約400人が参加した。

 続きを読む…

2010年8月22日

西岐波夏まつり、沢波川の灯籠

川面に浮かぶ幻想的な灯籠の光(いずれも西岐波で) 第3回西岐波ふるさと夏まつりは21日、JR床波駅前-西岐波ふれあいセンター前の旧国道を歩行者天国にして開かれた。総踊りパレードやステージイベント、灯籠(とうろう)供養など多彩なイベントがあり、約8000人でにぎわった。同実行委員会主催。

 続きを読む…

2010年8月21日

竜王山頂に烽(とぶひ)復元、のろしを再現

もくもくと煙を上げる烽(竜王山公園で) 小野田ライオンズクラブ(長岡康則会長、40人)は、認証50周年記念事業として、竜王山公園山頂に、後にのろしと呼ばれる「烽(とぶひ)」を復元し、これを解説する説明板を設置。21日、現地で式典とのろしを上げる実演を行い、会員や来賓約200人の出席者は古代の情報伝達手段に胸をときめかせた。

 続きを読む…

ペットの熱中症も急増中

犬の散歩は涼しい時を選んで(市内で) 連日の猛暑で、人間以上に熱中症の脅威にさらされているのが、体を毛皮に覆われている犬や猫などの動物たち。今夏は早い時期から動物病院に運び込まれるペットが後を絶たない。まだまだ厳しい残暑が続く中、ペットの健康管理には万全の注意を。

 続きを読む…

国が激甚災害に指定、6-7月の豪雨災害

 山口県は20日、県内に大きな被害をもたらした大雨を含む6-7月の豪雨災害について、同日開催の閣議で激甚災害に指定されることが決まった、と発表した。

 続きを読む…

宇部興産、第4医薬品製造工場が起工

くわ入れをする竹下社長(宇部ケミカル工場東地区で) 宇部興産(竹下道夫社長)の第4医薬品製造工場の起工式は20日、宇部ケミカル工場東地区の現地であり、同社と施工業者の関係者が工事の安全を願った。完成は2011年7月、稼働は同11月を予定しており、原体をメーンに製造する。

 続きを読む…

山口県職員採用89人、社会人枠は52.3倍の難関

 山口県は20日、今年度の県職員採用大卒程度試験と社会人経験者等採用試験の最終合格者数をまとめた。

 続きを読む…

2010年8月20日

25日から通行止め、山陽自動車道宇部-小野田IC

 西日本高速道路は、山陽自動車道・宇部下関線の宇部IC(インターチェンジ)-小野田IC間を、25日午前9時から26日午後9時までの36時間、災害復旧工事のため通行止めにする。荒天時は26日午前9時からに順延(規制時間は同じ)。

 続きを読む…

どんとこい猛暑! 糖度上げる巨峰

黒紫色へと色を濃くしている巨峰(小野岩川で) 連日、猛暑が続く宇部地方。うだるような暑さにバテ気味の人とは反対に、強い日差しの中でじっくり糖度を上げているのが夏の果物。宇部市北部のブドウ園でも、巨峰などは赤紫色から黒紫色へと色を濃くし、出番を待っている。

 続きを読む…

吉部クリニック、診療継続へ

開業が継続される宇部第一病院付属吉部クリニック(東吉部) 宇部第一病院付属吉部クリニックは、土地建物の貸借契約が10年目の期限を迎え、その去就が心配されていたが、地元の熱意が実り、診療が継続される見通しになった。25日に市楠総合支所で更新のための調印が行われる。

 続きを読む…

2010年8月19日

古代米収穫、岡崎八幡宮のお神酒づくりに

古代米収穫、岡崎八幡宮のお神酒づくりに 神功皇后の伝説を今に伝える古代米の収穫が18日、宇部市船木新町で行われた。船木総鎮守・岡崎八幡宮(宇津見光則宮司)のお神酒に使われる酒米・早米(そうまい)で、極わせ種。田植えの時期はほかの米と同じだが、盆過ぎには例年収穫される。どの米よりも実りが早い。

 続きを読む…

山陽小野田市議の福田さんが「獄中日記」出版

手記を手にする福田さん(宇部日報社小野田支社で) 過去に覚せい剤に手を染め、逮捕、服役したことがある山陽小野田市議、福田勝政さん(65)が、刑務所内での生活や薬物中毒を克服した経緯をつづった手記「薬物に負けた俺―獄中日記」を自費出版した。

 続きを読む…

牛乳パックで手づくりはがき

会員に教わりながら紙をすく女の子(リサイクルプラザで) 宇部市消費者の会(藤田久子会長)主催の夏休み親子紙すき教室は18、19の2日間、市リサイクルプラザであり、親子20組が牛乳パックを材料にはがきを作った。

 続きを読む…

2010年8月18日

「花の海」ヒマワリ7000本、22日はイベントも

見渡す限りヒマワリの黄色い花が続く「花の海」 埴生干拓地にある西日本最大級の総合園芸農場「花の海」でヒマワリの花が咲き誇っている。

 続きを読む…

連日の猛暑でエアコン販売・修理は倍増

エアコンの修理を行うフジデンの藤原代表(市内) 全国的に猛暑が続く中、宇部市内ではお盆休みが明けても、いまだエアコン商戦が終わらない。家電の大型量販店ではエアコンコーナーに足を運ぶ人が絶えず、個人店舗では修理や設置に追われている。

 続きを読む…

菅首相が琴芝小、神原中に色紙プレゼント

色紙を書く菅首相(上)と琴芝小に送られた色紙 宇部出身の菅直人首相の色紙が18日、出身校の琴芝小(田中勇校長)と神原中(津守一郎校長)にプレゼントされた。色紙は、菅さんの地元後援会・宇部草志会(原田幸一会長)が届けた。

 続きを読む…

2010年8月17日

6日連続で真夏日、熱中症に注意を

照りつける太陽(17日、常盤町で) 全国的に厳しい残暑が続いている。宇部市では17日午前10時に30度を突破、6日連続の真夏日になった(市防災危機管理課調べ)。

 続きを読む…

教員採用1次試験、516人が合格

 山口県教育庁は17日、2011年度公立学校教員採用候補者選考1次試験の結果を発表した。受験者総数は前年度比16人増の1386人で、合格者総数は同121人増の516人。倍率は2.7倍で、前年度の3.5倍を下回った。2次試験は28、29日に防府高などで実施される。

 続きを読む…

県道津布田郡線、片側通行可能に

新たに護岸が崩れた現場(日本化薬厚狭工場前の県道で 大雨災害で厚狭川護岸が崩れ通行止めになっていた山陽小野田市の県道津布田郡線の鳥超バス停―国道2号間の約1.6km区間は、崩壊個所に堤防の高さまで土のうを積み上げる仮工事が終わり片側通行に切り替えた。

 続きを読む…

2010年8月16日

山口日米友好協会発足、28日に記念式典

  日米修好150年の節目に山口日米協会が発足し、二十八日午後一時から山口市湯田温泉のホテル松政で、設立記念式典と講演会を開く。会長は林芳正参院議員、副会長は県立大のロバート・シャルコフ准教授(国際化推進室長)。講演会、定例講座、映画会、音楽会、食事会、ホームステイなどを行いながら日米両国の相互理解を促進していく。

 続きを読む…

Uターン混雑、空の便は17日まで満席

「またね!」と再開を約束し合って手を振る家族(山口宇部空港で) 盆休みを古里で過ごした人たちのUターンラッシュがピークを迎えている。16日には空の玄関・山口宇部空港から東京へ向かう便が、第一便からすべて満席に。空港2階の出発ロビーでは、搭乗直前まで孫を抱っこしたり、手を握ったりして、別れを惜しむ家族の姿が多く見られた。全日空、日本航空とも十七日の最終便まで、ほぼ予約で埋まっている。

 続きを読む…

山陽小野田市議会、23日から被災者の支援ニーズを聞く懇談会

 山陽小野田市議会の豪雨災害対策調査特別委員会(伊藤実委員長)は、7月の大雨被害の被災者を対象に支援ニーズなどを聞く被災地区別懇談会を23日から7会場で14回開く。被災住民から生の意見を聞くため、会場や時間帯を細かくした。今後の対策に役立てる。

 続きを読む…

2010年8月14日

山口県大会連覇、中国大会でも優勝! 常盤中柔道部が全国大会へ

全国大会に挑む常盤中柔道部の選手たち 第43回山口県中学校柔道選手権大会の男子団体で優勝し、全国大会に出場する常盤中柔道部の部員ら10人が13日、宇部市役所を訪れ、久保田后子市長に出場を報告するとともに、全国大会での健闘を誓った。

 続きを読む…

アブダビで邦人4人死亡、犠牲者に宇部の男性

 アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビ西方で11日(日本時間12日)、エンジニアリング大手「日揮」(横浜市)と同社子会社の日本人男性社員4人が死亡した交通事故で、犠牲者の1人が宇部市小串の濱一さん(55)と分かった。悲報を聞いた家族は深い悲しみに包まれた。

 続きを読む…

楠の未給水地域解消へ

 楠地域の未給水地域の解消に向けて、宇部市ガス水道局は対象地域の住民に、水道整備に関する最終的な同意の確認作業を進めている。8月末をめどに整備区域を決定し、給水区域の拡大を国へ申請する予定。

 続きを読む…

2010年8月13日

竜王山公園を「日本夜景遺産」に認定

山頂から市街地イルミネーションや周防灘に浮かぶ漁船のいさり火を楽しむことができる 山陽小野田市の竜王山公園が10日、「日本夜景遺産」(自然夜景遺産)に認定された。市は「市の観光資源としてアピールし、活用していきたい」と喜んでいる。

 続きを読む…

車のトラブルも増加、出発前に点検を

照りつける太陽の下で作業するJAFロードサービス隊員 猛暑続きの今年の夏、バッテリー上がり、オーバーヒートなど車のトラブルが多くなっている。先月24日から8月4日まで、JAF山口支部ロードサービス隊に入った救援依頼は1653件で前年同期比25件増。

 続きを読む…

2010年8月12日

宇部の名物店がまたひとつ...、「一茶」13日で閉店

閉店を前に、お客さんへの感謝を語る生田さん(一茶で) 宇部市新天町一丁目のおむすびとお茶漬けの店「一茶」(生田美重子さん経営)が13日で閉店する。1960年の創業から半世紀。親子二代でのれんを受け継ぎ、中心市街地の移り変わりや人々の泣き笑いを見つめてきた。惜しむ声も多いが、生田さんは「あと2日、日ごろと変わらず、お客さんに接したい」と語った。

 続きを読む…

自転車盗倍増、厚狭駅に防犯カメラ設置

JR厚狭駅駐輪場に設置された防犯カメラ 山陽小野田市で自転車盗が多発している。山陽小野田署によると、6月末現在で56件発生。前年同期の倍となっている。発生が多いのはJR小野田駅、厚狭駅など駅の駐輪場や大型商業施設の駐輪場。56件のうち、33件は中・高生が被害者、36件が無施錠だった。

 続きを読む…

お盆帰省ラッシュ本格化、Uターンは今週末から

到着した帰省客(12日、山口宇部空港で) お盆の帰省ラッシュが本格化した。12日の東京羽田発山口宇部行きは全便満席。山口宇部空港の到着ロビーでは、大きな荷物を持った家族連れの姿が目立った。孫を見つけて抱きしめるおばあちゃんの姿もあり、帰省客はふるさとの親せきとの再会を喜んだ。

 続きを読む…

JR美祢線復旧、二井知事「非常に厳しい状況」

 JR美祢線の復旧に関して、二井関成山口県知事は11日、県庁で会見し「復旧を前提に(JR西日本と)協議を進めているが、非常に厳しい状況」と説明し、早期完全復旧には「沿線の自治体や民間による利用促進策が必要」との認識を示した。

 続きを読む…

2010年8月11日

台風4号今夜最接近、激しい雨の恐れ

 台風4号は11日午前、朝鮮半島の南沿岸を北東に進み、北部九州に接近した。県内は今夜最接近するとみられるが、直撃する可能性は低い。勢力は弱まりつつあるものの、下関地方気象台は大雨の警戒と高潮、落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

 続きを読む…

随光川で「親子水辺の教室」

石の裏に張り付いた虫を採取する親子(随光川河原で) 山陽小野田市主催の「親と子の水辺の教室」は10日、厚狭川支流の随光川の河原と文化会館で開かれた。約50人の親子が参加。川に入って水生生物を採取するなどして、古里の水に親しんだ。

 続きを読む…

全国植樹祭のシンボルマーク決まる

最優秀賞の全国植樹祭シンボルマーク 2012年春に山口市阿知須のきらら浜で開催される第63回全国植樹祭に向けて、県は10日、二井関成県知事を会長とする県実行委員会を設置し、全国から募集していたシンボルマークの採用作品を発表した。

 続きを読む…

山陽から宇部沿岸の赤潮警報解除

 県は10日、山陽小野田市沿岸から宇部市沿岸の海域にかけて発令していた「シャットネラ・アンティカ」についての赤潮警報を解除し、関係漁協に通知した。

 続きを読む…

2010年8月10日

常盤公園のクロヅル、飼育期間が世界第3位の46歳

長期飼育世界記録3位のクロヅル(手前、常盤公園で) 常盤公園で飼育されているクロヅルが長期飼育の世界3位であることがこのほど、ドイツのフランクフルト動物園のリチャード・ウェイグルさんの調べで分かった。

 続きを読む…

宇部興産グループの24人に国体強化選手指定証

二井知事(右)からから指定証を受け取る選手(宇部興産で) 2011年に行われる山口国体の強化選手に指定された宇部興産グループの選手たちへの指定証交付式は9日、同社であり、ソフトテニスなど4競技の24人に、県競技力向上対策本部長の二井関成知事から、証書が授与された。

 続きを読む…

災害復旧へ被災者にアンケート調査など

 山陽小野田市議会の豪雨災害対策調査特別委員会(伊藤実委員長、9人)は9日、復興に向けて被災者ニーズを聞くためのアンケート調査や懇談会を今月中に実施することを決めた。

 続きを読む…

山陽小野田市に被災者再建支援法適用

 厚狭川のはんらんで大規模な被害を受けた山陽小野田市に対し、県は10日、被災者生活再建支援法を適用すると発表した。住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住できなくなった8世帯に対し、最高で300万円が支給される。

 続きを読む…

2010年8月 9日

山陽小野田市、3000発の花火とイベント楽しむ

約3000発が打ち上げられた花火(小野田運動広場で) 第4回「おのだ七夕花火」は7日、小野田運動広場と市サッカー場を観覧会場に開かれた。打ち上げ花火約3000発とフルカラーレーザーの音楽花火が夏の夜を彩った。七夕飾りコンテスト、ラッキーカード抽選会、飲食バザーなどもあり、家族連れや、浴衣姿のカップル約6万5000人(主催者発表)を楽しませた。小野田商工会議所主催、山陽小野田観光協会共催、市、市建設業協会、小野田青年会議所後援。

 続きを読む…

宇部市子ども会育成連絡協議会が『千人騎馬戦』

合戦を繰り広げる子どもたち(東部体育広場で) 宇部市子ども会育成連絡協議会(松橋美恵子会長)の創立50周年記念特別事業「千人騎馬戦」は7日、東部体育広場で行われ、22校区から約600人の子供たちが参加した。目標の1000人には届かなかったが、真夏の太陽の下、校区対抗の合戦を繰り広げた。

 続きを読む…

筝曲コンクールで山本夏子さん(竹原市)が最優秀賞

小学生の部で県知事賞を受賞する山本さん(文化会館で) 第20回全国小・中学生筝曲コンクールin宇部は8日、文化会館であり、1都9県から小学生の部に22人、中学生の部に10人が出場し、演奏の腕を競った。小学生の部は広島県竹原市の山本夏子さん(忠海西小6年)、中学生の部は徳島県石井町の遠藤咲季子さん(石井中2)が最優秀賞の県知事賞に輝いた。市主催、市教育委員会共催。

 続きを読む…

1人死亡2人重軽傷、山陽小野田市で今年初めての死亡事故

 8日午前1時45分ごろ、山陽小野田市大学通一丁目の県道で、市内の女性事務員(19)の運転する軽自動車が対向車線にはみ出し、対向してきた2台の軽自動車と次々に衝突、1人が死亡、2人が重軽傷を負った。

 続きを読む…

2010年8月 7日

13日からB級グルメフェスタin山陽オート

第1回B級グルメフェスタのPRポスター 山陽オートレースの運営をしている日本トーターは、13日から15日まで、第1回「B級グルメフェスタin山陽オート」を開催する。県内から9社が出店し、安くておいしい食べ物を販売する。

 続きを読む…

参院選は若年、高年とも低い投票率

高齢者の落ち込みが目立つ年代別投票率 宇部市選挙管理委員会は、7月に行われた参院選の年代別投票状況(投票率)をまとめた。これによると、20歳代が依然として低く、社会に深くかかわっている30代後半も低調。3年前の前回70%台だった70代後半は極端に落ち込んでいることが分かった。

 続きを読む…

到達距離で賞品も、宇部テクノエンジが新エコ通勤

パソコン上のサイクリングマップで日本縦断に挑戦(宇部テクノエンジで) 通勤時に車の利用を控え、温室効果ガスの排出量を削減するエコ通勤が各地で進められているが、宇部テクノエンジ(金重和義社長)では、自転車で走行した距離で日本縦断を目指す「サイクリングラリー」を始めた。来年6月下旬までの到達距離に応じて商品券を贈呈するなど、対象者のやる気を刺激するインセンティブを導入したユニークな試みとして注目を集めている。

 続きを読む…

2010年8月 6日

28年ぶりの全国制覇、宇部商男子バレー祝福

生徒から大きな拍手を受け、入場する選手たち(宇部商高で) 全国高校総体で優勝した宇部商男子バレーボール部の優勝報告会が5日、同校で開かれた。夏休み中の臨時登校日として全校生徒が参加し、選手たちの活躍をたたえるとともに、28年ぶりの快挙を祝った。

 続きを読む…

豪州ニューカッスルに派遣、中学生を壮行

練習した「花」を歌う生徒たち(文化会館で) 宇部市の姉妹都市・豪州ニューカッスル市を訪れる中学生の壮行会は5日、文化会館で行われ、派遣生8人が9日の出発を前に意欲を語った。現地でホームステイしながら、学校に通ったり、ホストファミリーと過ごしたりして、交流を深め、18日に帰国する。

 続きを読む…

利用証がないと駐車できません!

運用が始まった「思いやり駐車場」(市役所本庁前で) 山陽小野田市は、市役所本庁に障害者や妊産婦用の駐車場を2台分増設した。山口県が進める「やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度」にのっとって6日から運用を始めた。

 続きを読む…

2010年8月 5日

市立中学1年調査「社会」のみ全国上回る

 宇部市教育委員会は、市立中学校十三校の一年生を対象に四月に実施した学力到達度調査の結果を公表した。国語、社会、数学、理科の四教科の正答率を数値化し、全国と比較したところ、国語、数学、理科は全国より低く、社会はやや高かった。

 続きを読む…

水辺の教室 親子で水質チェック 厚東川と親しむ

水の感触を楽しみながら水生生物を観察する親子(5日午前9時40分、厚東川河川敷公園で) 宇部市主催の「親と子の水辺の教室」は五日、二俣瀬の厚東川河川敷公園と小野のアクトビレッジおので開かれた。児童と保護者四十七人が参加し、水生生物の観察や水質調査を通じて古里の川に親しんだ。アクトビレッジでは、竹筒を使ったぽんぽら飯作りを楽しんだ。

 続きを読む…

山陽小野田市議会、災害対策特別本部を設置

 山陽小野田市議会は四日、八月臨時会を開き、七月十五日に厚狭地区を中心に襲った大雨災害を受けて、豪雨災害対策調査特別委員会(伊藤実委員長、九人)を設置した。盆明けには被災地に出向き、被災者の支援ニーズを探るとともに、専門家の意見を聞きながら、再びこうした水害などが起きないように対策を考える。

 続きを読む…

2010年8月 4日

全国高校総体バレー男子 宇部商、日本一の栄冠 28年ぶり快挙

全国制覇を成し遂げ、喜ぶ選手たち(沖縄県宮古島市で、宮古毎日新聞社提供) 全国高校総体のバレーボール男子は三日、沖縄県宮古島市で決勝が行われ、宇部商が3─2のフルセットで福岡大大濠との接戦を制し、一九八二年以来、二十八年ぶり二度目の優勝を果たした。選手らはきょう四日に帰郷。五日午後一時半からは同校で優勝報告会が行われる。

 続きを読む…

"涼"と"知"求め、市立図書館2000超す盛況

読書や勉強をする人でいっぱいの雑誌コーナー(4日午前10時、市立図書館で) 連日の猛暑を避けようと、涼を求めて人気を呼ぶスポットがある。宇部市立図書館(本田俊雄館長)だ。平和映画祭のあった三日には、入館者が二千二百五十二人に達した。

 続きを読む…

小学生バレー中国大会、高千帆と厚狭がアベック出場

 七、八の両日、島根県出雲市で開かれる第二十四回小学生バレーボール大会中国大会に、山陽小野田市から男子の高千帆バレー教室と女子の厚狭ペガサスが出場する。

 続きを読む…

2010年8月 3日

楠むらづくり 就農支援、初の長期研修

 楠むらづくり株式会社(武波博行社長、宇部市西万倉)は、農業研修生を募集している。志を持った若い就農希望者の定住を促進し、地域の農業振興を図ろうという狙い。研修期間は最長で二年。新規就農の際には必要な支援を行う。

 続きを読む…

全国高校総体、宇部商男子バレー 午後の決勝へ

 沖縄県で行われている全国高校総体のバレーボール男子で、4強入りした宇部商は三日午前、準決勝で今春の全国高校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)で優勝した東洋(東京)を2─0で下し、決勝進出を果たした。同日午後の決勝では福岡大大濠と対戦。一九八二年以来二度目の優勝を目指す。

 続きを読む…

市新病院検討委が最終答申、現在地に公設公営で

白井市長に最終答申する砂川委員長(右、市役所市長応接室で) 山陽小野田市新病院建設構想検討委員会(十七人)の砂川功委員長は二日、白井博文市長から諮問されていた新病院建設について、現在地に公設公営で建設、運営することが望ましいと最終答申した。白井市長は「検討委の気持ちを受け取り、財政の課題を見極め、最大限の努力をしたい」と答えた。

 続きを読む…

2010年8月 2日

全県で障害者等「専用駐車場」 宇部は民間28施設協力

駐車場に設置された案内板(市役所で) 公共施設や店舗などにある身体障害者用駐車場の利用者の明確化、適正利用の推進を目的とした「やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度」が、一日から全県で始まった。宇部市でも制度の開始に当たり、身障者や高齢者、妊婦、けが人ら、車の乗降や歩行が困難な人に対する利用証の発行、協力施設の登録が進んでいる。

 続きを読む…

小野湖交流ボート大会 県内外から29チーム

ゴールを目指しオールをこぐ出場者(小野湖で) 第十五回小野湖交流ボート大会(宇部市主催)は一日、アクトビレッジおの近くに設けられた三百メートルのコースで行われた。県内外の二十九チームが水上で激しいレースを繰り広げたほか、カヌー教室や地元住民によるふれあいバザーもあり、会場は終日、盛り上がりを見せた。レースはスペシャリスト(宇部市)が2分1秒19で優勝した。

 続きを読む…

小野田駅前商店街、ちょうちん七夕フェスタに7000人

ちょうちんが飾られ、にぎわう会場(中通り商店街で) 小野田駅前商店街振興組合(町田正勝理事長)主催の第十九回「ちょうちん七夕フェスティバル」は七月三十一日、JR小野田駅前ロータリーと中通り商店街で開かれた。歩行者天国となった会場には七千人(主催者発表)の市民が訪れ、真夏の夕べのひとときを楽しく過ごした。全国商店街振興組合連合会、小野田駅前商店連盟、高千帆校区ふるさとづくり推進協議会共催。

 続きを読む…