宇部市役所に授乳室お目見え

乳飲み子を連れての外出時に重宝しそうな授乳室(市役所で) 宇部市役所一階に授乳室が完成した。幼い子供連れが多く訪れるこども福祉課の前で、室内にはベンチ、おむつ替え台、畳間を整備。エアコンも設置し、快適な空間で世話ができるようになっている。

授乳室の場所は、東側入り口と市駐車場のある裏側入り口のほぼ中間。保険年金課のレセプト室の一部を、間仕切りして設けた。広さは十一・五平方メートル。こども福祉課のカウンターと対面し、目が行き届くので安心だ。
設置に当たり市では、子育てサークルの参加者から生の声を聞いて、反映させた。授乳室のドア自体には鍵を付けず、母乳を与える人用にカーテンで仕切れるよう工夫。複数の子供を連れて入っても十分な広さを確保した。一般のトイレにも隣接しており、おむつ替え後の便も処理しやすい。
市ではこれまで授乳の必要な場合は、相談室などの空きスペースを提供していた。年に三、四件利用があったという。
父親がミルクを飲ませたり、おむつ替えをしたりする場合もあるため、授乳室は男女を問わず入室可能。ただし、事件・事故防止のために、子供だけにせず、常に保護者が一緒にいることを条件にしている。

カテゴリー:環境2010年4月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single