日本海沿岸に大量のポリ容器漂着

日本海沿岸に大量のポリ容器が漂着している件で、山口県が関係市町を調査した結果、長門市と下関市で計793個が確認され、うち6個に内容物が残っていたことが、13日までに分かった。

県は「有害な液体が入っている可能性があるので、直接手で触れないように」と注意を促している。
昨年は1月から3月までの間に、全国で1万6959個、県では4市町に869個のポリ容器が漂着。うち43個に内容物が確認された。

カテゴリー:環境2010年1月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single