ペットボトルごみ、猛暑で増加

petbottle.jpg 今夏はごみとして出されるペットボトルが増えた。猛暑で飲料の消費が伸びたのが理由とみられ、宇部市沖宇部の市環境保全センターには一般家庭分だけで、8月は前年同期比2割増の65トンが持ち込まれた。

7、8月の合計は118トン。1本60グラムの1リットルペットボトルに換算すると、実に約197万本に相当する。「過去3年では最高記録」と職員。
同センターではペットボトルをプレス機で圧縮してブロック状に加工。多い日は1日で100個が作られる。
その後、福岡県北九州市の業者が粉砕処理をして、繊維製品や容器などの原料にリサイクルされる。

カテゴリー:環境2010年9月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single