無料レジ袋廃止、来月から新たに579店舗

山口県内のクリーニング店とドラッグストア計579店舗が、来月から順次、レジ袋の無料配布を中止する。県と容器包装廃棄物削減に関する協定を締結した。

3月1日からクリーニング69事業者・383店舗とドラッグストア1事業者・50店舗が開始。
4月1日からクリーニング9事業者・146店舗が実施する。
店舗の割合は、クリーニング店が6割、ドラッグストアが4割となる。579店舗の新規参加で、年間760万枚のレジ袋が削減される見込み。
クリーニング店では、ポリ包装材などの削減やハンガーなどの店頭回収も進めていく方針。
レジ袋を無料配布しない事業者は、これで計153事業者・992店舗になる。

カテゴリー:環境2010年2月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single