5年ぶり、11月に黄砂観測

黄砂でかすむ宇部市(12日、本社から) 宇部市など山口県西部は、12日朝から黄砂が観測され、ビル群などはかすみに包まれたようにぼんやりしている。11月の黄砂観測は2005年以来、5年ぶり。

山口宇部空港下関気象台空港出張所によると、午前7時ごろから空港周辺でも黄砂を観測し始めた。黄砂が本格化するとともに視程は徐々に悪くなり、下関市では正午ごろには5km未満となる地域も。山口宇部空港事務所では「旅客機や空港の運用で支障はでていない」と話した。
気象庁は、中国内陸部で乾燥した砂が低気圧によって巻き上げられ、偏西風に乗って運ばれたとみている。飛散は14日ごろまで続くと予測されている。
気象庁の黄砂実況はこちら
(By the Ubenippo Web Staff)

カテゴリー:環境2010年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single