27日に宇部環境セミナー

宇部環境セミナー「エネルギー新時代を探る」は27日午後1時半から、市シルバーふれあいセンターで開かれる。東京大教養学部客員准教授でNPO法人・国際環境経済研究所理事の松本真由美さんによる基調講演やエネルギービジネスなどの事例報告がある。聴講無料。市主催、宇部日報社共催。

電力の小売り全面自由化を4月に控え、変革期を迎えたエネルギービジネスを「地域を元気にする好機」と捉え、最新の動向や展望について紹介する。市民はもちろん、環境エネルギー分野に関心のある人、参画を検討している事業者など誰でも参加できる。

セミナーは2部構成で、第1部ではエネルギーと地域社会、科学コミュニケーションなど、環境とエネルギーの視点から持続可能な社会の在り方を追求している松本さんが、「エネルギー新時代を探る│電力自由化に向けて」をテーマに講演する。

午後3時20分からの第2部は事例報告で、自治体による家庭等の低圧電力売買を主な目的として昨年3月に設立された日本初の事業会社「みやまスマートエネルギー」(福岡県みやま市)の磯部達社長が「活力ある地方創生を目指した地域新電力の挑戦-みやま市が取り組むエネルギー政策について」と題して話す。市市民環境部の石部隆部長は「宇部市の地域エネルギーの取り組みについて」をテーマに報告する。

2部のコーディネーターは市地域エネルギー協議会会長で山口大大学院理工学研究科教授の田中俊彦さんが務め、久保田后子市長が総括する。

セミナー終了後には、電力自由化に関する制度や事業展開についての相談コーナーも設ける。

聴講は事前申し込み不要で、定員は300人(先着順)。問い合わせは市環境政策課(電話34-8246)へ。

カテゴリー:環境2016年2月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single