参院選山口選挙区 民主党、原田大二郎さん擁立

小沢幹事長とともに会見する原田さん(右から2人目、山口市で) 民主党の小沢一郎幹事長は十八日、山口市内のホテルで記者会見し、参院選山口選挙区に原田大二郎さんの擁立を発表した。同席した原田さんは「古里のために何かしたいという思いがずっとあり、今しかないと考え、出馬を決めた」と話した。

会見には小沢幹事長と原田さんのほか、同党県総支部連合会の平岡秀夫代表、連合山口の中野威会長も同席。小沢幹事長は「自民王国のシンボル的存在である山口で、勝てる人を選んだ。総力を挙げて応援する」と話した。タレント候補であることについては「国民全員の参加が理想の政治だと考えており、タレントだからという感覚は無い」と答えた。
原田さんは「民主党を応援しており、要請に対して四月末ごろ決意した。障害を持つわが子がいじめを受けた経験があるので、政治家としては素人だが、思いやりをキーワードにして福祉、教育分野に取り組みたい。常に水平の目線で、山口のために身を粉にして働くつもり」と話した。
原田さんは一九四四(昭和十九)年四月五日、神奈川県横浜市生まれ。二歳の時から熊毛南高を卒業するまで県内で暮らした。明治大法学部を卒業後に俳優活動を始め、映画「裸の十九才」でデビュー後は舞台、テレビでも活躍。二〇〇一年からは明治大文学部演劇学専攻の特別招聘(しょうへい)教授を務めている。

カテゴリー:政治・選挙2010年5月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single