衆院選、あす投・開票

「自民・公明」「希望・日本維新」「共産・立憲民主・社民」の3極を軸に展開されてきた第48回衆院選は、22日に投開票される。約5年にわたる安倍政権の是非が問われる選挙で、国民の審判が下される。

今回は、定数289の小選挙区に936人、定数176の比例代表に244人(重複を除く)の計1180人が立候補。県内小選挙区には1区4人、2区、3区各2人、4区5人の計13人が出馬した。

3区は自民前職の河村建夫候補(74)と立憲民主新人の坂本史子候補(62)の一騎打ち(届け出順)。街頭演説や総決起大会などを通じて、国づくりや古里への熱い思いを訴えてきた。両陣営とも21日夜、マイク納めを行い、12日間の選挙戦を終える。

22日の投票は市内57カ所の投票所で受け付け。時間は午前7時から午後8時(一部は午後7時)まで。宇部市の選挙人名簿登録者数(在外を含む)は14万825人。3区全体では26万7803人。

開票作業は俵田体育館で午後9時20分から開始。市選挙管理委員会によると、確定予想時間は小選挙区は午後11時半ごろ。比例代表は23日午前0時ごろ。

カテゴリー:政治・選挙2017年10月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ