山陽小野田市議会、議長に小野さん

山陽小野田市議会の10月臨時会は24日、開会して議長選が行われ、第7代議長に小野泰議員(69)が初めて就任した。任期は4年。副議長選は午後からにずれ込んだ。26日には議会運営委員と各常任委員の選任、正副委員長の互選があり、今期の新体制が整う。

投票は無記名で行われ、小野議員11票、大井淳一朗議員8票、吉永美子議員2票、河﨑平男議員1票で、無効票はなかった。

小野議長は「『市政は市民の手で』という考えの下、各議員の考えを尊重しながら議会運営に当たり、11期42年の経験を生かして市民の幸せと豊かなまちづくりに努力したい」と抱負。議会改革の推進や市民の一体感醸成の継続も誓った。

正副議長選を大きく左右した会派構成は開会前日の23日までに5会派が届け出た。改選前と同数だが、名称はいずれも変更し、「新」を使う会派が三つ。新人3人による会派も誕生した。無所属は公明、共産の3人を含む6人となった。

会派構成は次の通り。(◎は代表、敬称略)

▽市民ネット=◎矢田松夫、河野朋子、水津治、森山喜久▽新政会=◎松尾数則、髙松秀樹、中岡英二▽新誠風=◎杉本保喜、笹木慶之、中村博行▽新風会=◎奥良秀、恒松恵子、宮本政志▽みらい21=◎長谷川知司、大井淳一朗、藤岡修美▽無所属=岡山明(公明)吉永美子(同)山田伸幸(共産)伊場勇、小野泰、河﨑平男

カテゴリー:政治・選挙2017年10月24日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter