久保田宇部市長、無投票で3選

任期満了に伴う宇部市長選は2日、告示され、無所属で現職の久保田后子さん(62)=西岐波下片倉=以外に立候補の届け出はなく、3選が決まった。市長選の無投票は1993年以来24年ぶり2回目。久保田さんは3日午前10時に登庁し、花束を受け取ると、早速、公務に復帰。記者会見にも臨み「これからの4年間は、市にとって100周年を迎える大事な時期。新しい時代にさらに暮らしやすい、力強く伸びていく宇部の実現へ全力で取り組みたい」と意欲を語った。

今回の市長選を巡っては、昨年12月に宇部市選挙区選出の県議、岡村精二さん(63)が、1月に久保田さんが相次いで出馬会見。ともに市議、県議を務め、トップ当選も経験するなど共通点があり、知名度も高い2人の立候補表明に、市民の選挙戦への関心アップや、4年後の市制施行100周年、その先を見据えた古里のまちづくりへの熱い政策論争が期待された。病気によりドクターストップがかかった岡村さんが今年4月に取りやめ。当初から候補擁立へ動いてきた共産党県北南地区委員会(時田洋輔委員長)も最終的に擁立を断念し、対抗が現れず、戦後20回目の節目となった市長選は、市民に選択肢が与えられない形となった。

久保田さんは、東京都渋谷区出身。早稲田大政治経済学部卒。夫の古里宇部にIターンし、1995年から99年まで市議、99年から2009年まで県議を務め、09年6月の市長選に立候補。3万8660票を獲得し、三つどもえとなった選挙戦を制して初当選した。前回の13年の市長選は、無所属新人との一騎打ち。3万5563票を得て、再選を果たした。

2期8年の実績として「行財政改革」「企業誘致」「学校耐震化」「交流人口の増加」などを挙げ、今回3回目の市長選に挑戦し、新しい政権公約(マニフェスト)「宇部新時代へ Happy100祭」を策定。▽地元産業発展・イノベーション創出のまち▽生きる力を育む教育のまち▽健幸長寿を目指すまち▽みんなでデザインするまち▽さらなる行財政改革の推進―など8項目を政策の柱に掲げた。

市選挙管理委員会によると、選挙長と選挙立会人が出席して9日に市役所で行われる選挙会で、久保田さんの当選を決定。10日の選挙管理委員会で当選人の告示を行い、当選証書を付与する。久保田さんの3期目の任期は、18日から4年間。

久保田さんは3日、公用車で出勤。市役所では、職員と市民約200人が拍手で出迎えた。市議会へのあいさつの後、課長職以上の職員140人を前に訓示。「今後の4年間は、皆さんとともに歩むことが基盤になる。これまでの8年間と同様に、支えてもらえればと思う。公務員は一日一日が重要。しっかり働き、市勢発展、市民福祉の向上に努めよう」と語り、職員を代表して末次宣正副市長がお祝いの言葉を述べた。

会見では、一夜明けた現在の心境について「1日限りの選挙戦だったが、市内を回ってマニフェストを説明した。また新しい期が始まることになり、責任の重さを痛感している」と説明。最重要課題として産業振興を挙げ「1次産業を含めて、すべてのジャンルの市内の事業所の生産性の向上が図れる仕組みを、さまざまな機関と連携して創設したい」とし、産業振興を支える都市基盤の整備、市役所内の機構改革を行っていく考えも示した。

3期目については「解決できていない課題にしっかりと向き合いつつ、市の魅力を増やしていく期にしたい」と位置付け「スピード感を持って施策に取り組んでいく」と述べた。

カテゴリー:政治・選挙2017年7月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ